栃木県栃木市

栃木県栃木市で暮らす

巴波川

栃木県栃木市の住みやすさをまとめました

栃木県栃木市はどんなところ?

太平山神社からの眺望

歴史と文化、自然と都市のバランスが取れた魅力的な街『栃木市』

栃木県の最南端にあり、面積は約331.50平方kmです。
北側は鹿沼市と、東側は壬生町・下野市・小山市・野木町と、南側は群馬県邑楽郡板倉町と、西側は佐野市と隣接しています。
人口は約15.4万人、世帯数は約6.7万世帯です。(2023年9月時点)
栃木市内は北部から東部にかけて関東平野につながる平地が続いており、西部には三毳山(みかもやま)や大平山が連なり、南部には日本最大の遊水地である渡良瀬遊水地が広がっています。巴波川沿いの市街地には、蔵造りの家屋が並ぶ街並みが保存されており、観光地としても人気が高い地域を有しています。

地名の由来は所説ありますが、開拓したとき中心にあった栃の木に由来するという説や、神明宮の社殿の10本の千木にちなんで「十千木」(とちぎ)と呼ぶようになった説などが有力です。

栃木市の歴史は、江戸時代より市内を流れる巴波川を利用した江戸との舟運や、朝廷から日光東照宮への派遣された使者が通行した例幣使街道の宿場町として栄えました。
明治時代には県庁が置かれ、政治・文化の中心地として発展していきました。
昭和期には、戦中や戦後も辛うじて戦災を免れた地域であったため、市街地には江戸時代から残る蔵など歴史的建物が数多く残っており、その美しい街並みから「小江戸」や「関東の倉敷」と呼ばれてきました。
平成に入った2010年、栃木市・大平町・藤岡町・都賀町の1市3町が合併して誕生して栃木市が誕生しました。2011年には西方町と、2014年に岩舟町とも合併し現在の栃木市の姿となりました。

観光地としての特色が多数見られる地域であり、市西部にある『太平山』からの景色は「陸の松島」として観光名所ともなっています。
また市南部の『渡良瀬遊水地』渡良瀬遊水地や谷中湖周辺も、小型ヨットやウィンドサーフィンの名所となっており、たくさんの観光客が訪れています。
そのほかにも観光名所が多数あります。
岩下の新生姜ミュージアム』は比較的新しい施設で、食品メーカー「岩下食品株式会社」がプロデュースしており、生姜に関する展示や体験を楽しむことができます。また、新生姜の料理を楽しめるカフェや新生姜グッズを手に入れる事ができるショップなど見どころ満載の施設となっています。
フォレストアドベンチャー・おおひら』は、アウトドアを堪能できるパークとして子供から大人まで利用できるアスレチックコースなどを完備しています。BBQが楽しめるエリアも完備しており、一日中満喫できる施設として人気です。

栃木県栃木市のPR動画

栃木市シティプロモーション動画

【栃木市】とち介が案内するプロモーション動画

栃木市移住定住PR動画

【栃木市】栃木市移住物語 第一章〜ユカイなお隣さん編

栃木県栃木市の交通事情はどう?

栃木駅

公共交通機関が充実し、都心へのアクセスも便利な街『栃木市』

栃木市内の路線数は3路線、駅数は12駅です。

栃木市には、栃木県小山市から群馬県高崎市まで続く両毛線が走っており、『栃木駅』『大平下駅』『岩舟駅』の3駅があります。
浅草まで伸びる東武日光線は、『藤岡駅』『静和駅』『新大平下駅』『栃木駅』『新栃木駅』『合戦場駅』『家中駅』『東武金崎駅』の8駅があります。
また、栃木市から宇都宮市まで伸びる東武宇都宮線は、『新栃木駅』を始発駅とし『野州平川駅』『野州大塚駅』の3駅があります。

栃木市内を通る国道は2か所で、東側の小山市と西側の佐野市を結び市内の南部を横断する国道50号線(岩舟小山バイパス)と市内の北部を横断する国道293号線があります。
また、栃木市内からアクセスできる高速道路は北関東自動車道と東北自動車道の2線あり、北関東自動車道は都賀IC、東北自動車道は栃木ICの出入口が2ヶ所あります。

栃木市内で利用できる路線バスは、関東自動車バスが運行しています。
栃木市内の主要施設を低価格で運行するコミュニティバスも利用できます。
大阪などへ直通で運行する高速バスも運行しています。
市営デマンドタクシー『蔵タク』は、予約制の相乗りタクシーで、通常のタクシーより低価格で利用する事ができる便利な移動手段として高齢者などに人気です。

  • 電車の路線が複数あるため電車での近隣の移動は便利です。車は高速道路や国道などが整備されており、渋滞も少なく快適です。

  • 都内へのアクセスも可能ですが、乗り換えがあるため便利とは言えません。バス路線が少なく市内の移動が不便な場合があります。

  • 栃木県栃木市の家賃・住宅・土地相場はどう?

    栃木市嘉右衛門町

    新築住宅や多様な住宅タイプが存在し、さまざまなニーズに対応できる街『栃木市』

    不動産情報サイトの情報によると、市内にある家賃相場は新築マンションで駅から徒歩10分以内の場合、1LDKで6.0万円程度、3Kで9.0万円程度です。土地の平均坪単価は約8万円/坪程度となっています。
    栃木市では一戸建て住宅が一般的ですが、マンションやアパートなどの集合住宅も見られます。特に市街地や交通の便が良いエリアでは、集合住宅が多く立ち並んでいます。
    栃木市内にはスーパーマーケットや商店街、公園やレジャースポットなどがあり、生活するうえで必要な施設が比較的充実しています。また、医療機関や学校、公共施設も整備されており、暮らしやすい環境が整っています。

  • 栃木市には歴史的な観光地や名所が多くあります。また、四季折々の風景やイベントも楽しむことができ、地域の魅力を満喫することができます。

  • 栃木市の人気エリアや交通の便が良い場所では、地価の上昇や家賃の高騰が見られることがあります。

  • Yahoo不動産でマイホームを探す

    栃木県栃木市の子育て・教育はどう?

    太平山神社表参道

    教育施設や保育サービスの充実、地域の安全性や子育て支援活動が整った街『栃木市』

    栃木市内には、保育園が23園、幼稚園が15園、小学校が29校、中学校が14校、高校が8校、短大・大学が1校、専門学校が5校あります。
    こども医療費助成制』は、通院・入院ともに18歳以下(18歳到達後の3月31日)までの子どもを対象としており、全額補助の対象としています。
    児童手当として、3歳未満15,000円・3歳以上小学校就学前までの第1子、第2子10,000円、第3子以降15,000円・中学生10,000円が支給されます。

    栃木市独自の支援制度も充実しています。
    栃木市出産・子育て応援ギフト事業』では、出産応援ギフト(5万円)や子育て応援ギフト(5万円)を支給する制度です。
    また、『赤ちゃん誕生祝金』として市内在住の18歳未満の子どもがいる世帯に新たにお子さんが誕生した場合(2人になった場合1万円・3人以上になった場合2万円)に支給する制度です。
    他にも、お子さまの出生時とおおむね生後4か月時に紙おむつ・おしりふきを配付する『すくすく子育て応援事業』や出生届を提出した際に写真立てを贈呈する『出生記念品』などを実施しています。
    子育てアプリ『栃木市すくすくナビ』では、予防接種のスケジュール管理ができたり、赤ちゃんの成長が記録できたり、子育て情報の提供をしている便利なツールです。

  • 保育園などの数が多く待機児童なども少なく預けやすい環境です。子育て応援企業登録制度を設けて子育て支援を積極的に行っています。

  • 大学数が少なく進学や通学の費用がかかる傾向にあります。

  • 栃木県栃木市のお買い物

    栃木市内

    多彩なショッピング施設があり、周辺地域からも多くの買い物客が訪れる街『栃木市』

    栃木市内には、大型のショッピングモールや百貨店などは少ないですが、中小規模の店舗やスーパー、道の駅などが点在しています。
    スーパーは、ヤオハン・ヨークベニマル・とりせんなどを中心に約24店舗あります。
    道の駅みかも』は、地元で採れた新鮮な野菜や加工品を手に入れる事ができるほか、レストランやジェラートを提供しているお店もあり、楽しくお買い物できる施設です。
    道の駅にしかた』は、 東武日光線東武金崎駅から徒歩7分の位置にあり、東武日光線「東武金崎駅」から「道の駅 にしかた」まで 徒歩7分の位置にあり、広いスペースの駐車場があるため車でもアクセスも便利な施設です。
    施設内では、地元の農産物や地酒、お菓子なども購入できます。またレストランも併設しており、打ち立ての蕎麦が食べられます。近隣には温泉施設もあるため、お買い物にもレジャーにも利用できる施設です。

  • スーパーや道の駅などが多く、地元の新鮮な野菜などを手に入れやすい環境です。

  • 大型のショッピング施設がほとんどないです。近隣のショッピングモールには車でアクセスすることになります。

  • 栃木県栃木市の仕事・求人はどう?

    製造業や商業、観光業などさまざまな業種での仕事があり、求人も比較的豊富な街『栃木市』

    栃木市の平均年収は307万円です。
    栃木市は、昭和初期から企業誘致が積極的に進められ、特に工業の分野で成長してきた町です。現在では、電気機械や輸送機械、飲料、食品の分野の事業所が多く、一定数の求人が期待できます。

  • 栃木市内には地元企業や中小企業が多く存在し、地域に密着した雇用を提供する求人が豊富です。

  • 都心部に比べて求人数が少ない傾向があります。

    栃木県栃木市の独自の助成・補助金制度

    栃木県栃木市の独自の移住支援制度

    とちぎで暮らそIJU支援補助金 栃木市移住支援補助金 東京都通勤者支援補助金 栃木市移住体験施設 まちなか定住促進住宅新築等補助金『IJU(移住)補助金』

    栃木県栃木市の独自の住宅助成・住宅補助金制度

    結婚新生活支援補助金 まちなか定住促進住宅新築等補助金『市内住み替え補助金』 多世代家族住宅新築等補助金 空き家バンク「あったか住まいるバンク」 空き家バンクリフォーム補助 市街化調整区域等空き家購入補助金 耐震診断士派遣制度 耐震改修補助制度 耐震建替え補助制度 狭あい道路拡幅整備促進事業補助金 住宅用低炭素設備設置費補助金 栃木市ブロック塀等撤去改修工事費補助金

    栃木県栃木市独自の子育て支援制度

    妊産婦医療費助成制度 栃木市不妊治療費助成制度 栃木市不育症治療費助成制度 栃木市出産・子育て応援ギフト事業 赤ちゃん誕生祝金 すくすく子育て応援事業(おむつ・おしりふきの配布事業)

    栃木県栃木市の独自の進学及び学費助成・補助金制度

    就学援助制度 栃木市奨学金 通学者定期券購入費補助金