栃木県野木町

栃木県野木町で暮らす

ひまわり畑

栃木県野木町の住みやすさをまとめました

栃木県野木町はどんなところ?

野木神社

のんびりとした田園風景の中で自然豊かな環境とのどかな暮らしを楽しむことができる街『野木町』

栃木県の南部にあり、面積は約30.27平方kmです。
北側と東側は小山市と、南側は茨城県古河市と、西側は栃木市と隣接しています。
人口は約2.4万人、世帯数は約1万世帯です。(2023年9月時点)
町内は、関東ローム層からなる台地状のほぼ平坦な地形で、災害が少ないという特徴があります。西部は、雄大な渡良瀬遊水地が広がり、思川・渡良瀬川が流れる水に恵まれた地域で、東部には町の中心部である鉄道駅や商業施設、住宅地が広がっています。

町の歴史は古くから人が住んでいた形跡が残されており、旧石器時代~古墳時代にかけての遺跡が多数残されています。
鎌倉時代には奥の大道と言われる古道がありました。江戸時代には日光街道の宿場町となり交通の要衝として賑わっていました。
明治期である1889年に町村制を施行して、野木宿・友沼・野渡・南赤塚・丸林・中谷・潤島・佐川野・川田・若林の1宿9か村が合併して「野木村」となりました。
昭和期の1963年に町制を施行して「野木町」が誕生しました。
農村地帯が大半を占めていた町内は、この頃から工業団地が形成されはじめ、農業と工業を軸とした都市づくりが行われるようになり、町は活性化してきました。
1963年には、この地に初となる鉄道駅「野木駅」が誕生し、人口が急激に増加していきました。
現在の野木町は、野木駅周辺を中心に、東京まで約60㎞と県内では都心に最も近い位置にあり、新宿や上野まで乗換えなしで行く事ができるというアクセスの良さからベッドタウンとしても注目されています。

町内の有名スポットと言えば『野木神社』が挙げられます。入り口には大きなフクロウの石像があり、樹齢1200年とも言われる大銀杏の御神木に囲まれた荘厳な神社です。
毎年12月3日に行われる『提灯もみ』は特に有名で、約20mある竹竿の先につけた提灯を激しく揉み合いながら、相手の提灯の火を消し合う祭りで「関東の奇祭」と言われており、毎年多くの見物客が訪れる人気のお祭りです。
町内にある『旧下野煉化製造会社煉瓦窯』は、明治21年に創業した赤煉瓦焼成用輪窯で、周囲約100mで16角形をなした特徴的な外観をしており、産業遺跡として国指定文化財にも指定されています。
野木町ひまわり畑は、JR東北本線「野木駅」から 徒歩24分の位置にあり、毎年夏には、『ひまわりフェスティバル』 と呼ばれるイベントを開催しており、約20万本の広大なひまわり畑を利用して、ひまわりの壁の巨大な迷路となり、利用客を楽しませています。

栃木県野木町のPR動画

花と煉瓦のまち野木町

のぎの連続テレビ小説「きらり」

栃木県野木町の交通事情はどう?

野木駅

JR線も通り都心へのアクセスも便利な街『野木町』

野木町にはJRの『野木駅』があり、JR宇都宮線の湘南新宿ライン・上野東京ラインに乗車することができます。
町内には古河市と小山市をつなぐように、日光街道の国道4号線が縦断し、多くの車両が往来しています。
また、デマンド交通『キラ輪号』があり、町内への移動に利用することができます。

  • 鉄道は、上野や新宿などに乗換えなしで行けるため通勤や通学にも便利です。

  • 町内には路線バスが走っていないので、自家用車やデマンドタクシーを利用することになります。

  • 栃木県野木町の家賃・住宅・土地相場はどう?

    のどかな暮らしを求める人々にとって魅力的な住環境が整った街『野木町』

    不動産情報サイトの情報によると、市内にある家賃相場は新築マンションで駅から徒歩10分以内の場合、1Kで5.6万円程度、2Kで6.3万円程度です。土地の平均坪単価は約11万円/坪程度となっています。
    野木町は自然に囲まれた町であり、豊かな緑に囲まれた住環境が広がっています。自然が身近にあり、自然散策などが楽しめる環境です。

  • 自然に恵まれた環境と比較的安価な物件価格が特徴であり、静かな暮らしを求める人々にとって魅力的な住宅地として知られています。

  • 自然災害のリスクがあることに留意する必要があります。

  • Yahoo不動産でマイホームを探す

    栃木県野木町の子育て・教育はどう?

    野木町煉瓦窯

    教育や医療、福祉、自然環境など、子供たちの健やかな成長をサポートする施設や環境のある街『野木町』

    野木町には、保育園が2園、幼稚園が2園、小学校が5校、中学校が2校あります。
    こども医療費助成制度』は、通院・入院ともに18歳以下(18歳到達後の3月31日)までの子どもを対象としており、全額補助の対象としています。
    児童手当として、3歳未満15,000円・3歳以上小学校就学前までの第1子、第2子10,000円、第3子以降15,000円・中学生10,000円が支給されます。

    野木町独自の子育て支援策も充実しています。
    出産祝金』では、第1子・第2子誕生時に1人当り20,000円、第3子以降に1人当り100,000円が支給されます。
    出産・子育て応援交付金事業』では、経済的支援として妊娠届出時に面談実施後妊婦さん1人あたり出産応援ギフト5万円、赤ちゃん訪問で面談実施後お子さん1人あたり子育て応援ギフト5万円が支給されます。
    また、『野木町第3子以降小中学校等入学祝金』では、小中学校等へ入学する第3子以降の児童の保護者に入学祝金として、小学校等入学時50,000円・中学校等入学時50,000円が支給されます。
    他にも、『チャイルドシート購入費の補助』や『自転車乗車用ヘルメット購入費補助』、『3人乗り自転車レンタル』などの事業を設け、子育て世代を積極的に支援しています。

  • 近隣のエリアに比べて、子育て関連の補助金や祝金が充実しており、子育て世代にオススメの街です。

  • 高校以降の教育期間がなく、他エリアへの通勤時間や教育費がかさむ傾向にあります。

  • 栃木県野木町のお買い物

    JAおやま のぎ松原大橋直売所

    スーパーから専門店まで揃っており、日用品には困らない街『野木町』

    野木町には野木駅周辺を中心として、スーパーやドラックストア、衣料品店などが点在しています。
    町内には、約3店舗のスーパーがあり、食料品や日用品などのお買い物には困りませんが、一か所で全て揃うような大型のショッピングモールなどはなく、近隣の市町村まで出向く必要があります。車があればお買い物の幅がぐんと広がるエリアと言えます。
    JAおやまのぎ松原大橋直売所』は、国道4号線沿いにあるJAが運営する店舗で、地元の新鮮な野菜が比較的低価格で手に入るほか、地元で有名なパン屋さんのパンも購入できる人気店舗です。

  • 生活必需品が揃うお店が駅周辺に揃っていて、日々の買い物には困りません。

  • 大型の店舗やおしゃれな衣料品が購入できる場所がほとんどありません。

  • 栃木県野木町の仕事・求人はどう?

    製造業や商業、農業などが主要な産業で、多様な業種の求人が利用できる街『野木町』

    野木町の平均年収は310万円です。
    町内はもともと農業が盛んな地域でしたが、都心までの距離が近い事から現在ではベッドタウン化が進んでいます。
    現在でも農業は主要産業のひとつですが、そのほかにも町内には3か所の工業団地があり、約34の企業が立地しており、一定数の雇用があります。
    また生活に密着した職種である、保育機関、教育期間、医療機関、小売業などの求人も期待できるエリアです。

  • 木町は地域経済が活発で、地元の企業や事業所が求人を出しています。地域密着型の雇用が特徴であり、地元の人々とのつながりを築きながら働くことができます。

  • 都心部への通勤が比較的容易な立地にあるため、都心部での求人に応募する人も一部にいます。ただし、通勤のための交通インフラは整備されていますが、バスや電車の本数が都心部と比べると少ないかもしれません。

    栃木県野木町の独自の助成・補助金制度

    栃木県野木町の独自の住宅助成・住宅補助金制度

    のぎ暮らし半日ガイドツアー 移住支援金

    栃木県野木町の独自の住宅助成・住宅補助金制度

    野木町空き家バンク 空き家バンクリフォーム補助金 定住促進補助金(住宅購入補助) 野木町木造住宅耐震診断・耐震改修・耐震建替の支援制度 合併処理浄化槽設置費補助金

    栃木県野木町独自の子育て支援制度

    出産祝金 不妊治療費助成事業 妊産婦医療費の助成 出産・子育て応援交付金事業 チャイルドシート購入費の補助 3人乗り自転車レンタル 自転車乗車用ヘルメット購入費補助

    栃木県野木町の独自の進学及び学費助成・補助金制度

    就学援助制度 野木町第3子以降小中学校等入学祝金 野木町英語検定助成金交付事業