栃木県那須塩原市

栃木県那須塩原市で暮らす

塩原温泉郷

栃木県那須塩原市の住みやすさをまとめました

栃木県那須塩原市はどんなところ?

ハンターマウンテン塩原

自然豊かで観光資源豊富な街『那須塩原市』

栃木県の北部にあり、面積は約592.74平方kmです。
北側は福島県南会津町と、東側は那須町と、南側は矢板市、大田原市と、西側は日光市と隣接しています。 人口は約11.6万人、世帯数は約5.2万世帯です。(2023年9月時点)
東京から150km圏、宇都宮市から約50km圏にあり、市域の約50%が山間部となっています。
山岳部は日光国立公園の一部となっており、温泉が湧き出る場所としても有名です。塩原温泉郷や板室温泉など多数の温泉地を有し、年間を通して観光客が訪れるスポットとなっています。
市域の南東部は、那珂川や箒川が流れ、緩やかな傾斜の広がる平地となっており、酪農や田園地帯が広がっています。
標高が200m以上の高原特有である冷涼な気候となっており、避暑地としても有名です。

那須塩原市の歴史は江戸時代より街道の整備が発展していき、関東と東北を結ぶ「奥州街道」が通った事により宿場街として発展していきました。
一方で、新田開発も盛んに行われ、商業と平行して農業もさかんに営まれていました。
明治時代に入ると鉄道や道路が次々と開通し近代化が加速していきました。
昭和期に入ると、1903年には塩原御用邸が築かれた事をきっかけに別荘地としても知られるようになりました。
1982年には東北新幹線の開通に伴い、那須塩原駅が開業しました。
平成期である2005年、黒磯市、西那須野町、塩原町の合併により那須塩原市が誕生しました。
現在の那須塩原市は、黒磯駅や西那須野駅、那須塩原駅周辺には市街地が広がり、商業施設が集積、山間部では温泉街を有する観光地を有し、自然と商業、工業が調和した地域として発展しています。

那須塩原市は、温泉地としても有名ですが、中でも塩原温泉郷は1200年以上の歴史を持つ市のシンボルとも言えるスポットです。
塩原地区箒川沿いの谷間を中心に点在する11の温泉の総称であり、温泉が複数湧出しており塩原十一湯と呼ばれています。それぞれの温泉によって効能が異なるため、各温泉をはしごする「湯めぐり」が観光客の間では人気です。

渓谷の周辺には多数の滝や吊り橋が存在し、秋の紅葉狩りシーズンには紅葉と滝の織り成す自然美がとても魅力的でたくさんの見物客が訪れます。
塩原温泉郷の玄関口にある『もみじ谷大吊橋』も人気の観光スポットです。塩原ダムにかかる日本最大級の規模を誇る歩行者専用の吊橋で全長320mあります。春の新緑や秋の紅葉シーズンには、ダムと自然の調和を橋から見ることができます。
橋のたもとには、地元の物産品が購入できる施設『森林の駅』があり、ダム湖でサーフボードに乗り、パドルをこぎながら水上を移動するスポーツであるSUPツアーも体験できます。
那須千本松牧場』は東北自動車道「西那須野塩原IC」から車で5分程の場所にある人気スポットです。
東京ドーム約178個分の広い敷地内に、動物とふれあえる広場や、 気球体験などができるほか、宿泊施設や温泉施設もあり、ファミリーで一日中楽しめる施設となっています。

栃木県那須塩原市のPR動画

那須塩原市 移住定住サポート動画「Ns LIFE」

Nasushiobara voyage, Japan

那須塩原市の子育てに対する取り組み

栃木県那須塩原市の交通事情はどう?

那須塩原駅

東京までの直通電車もあり、高速道路などの幹線道路も整備された街『那須塩原市』

那須塩原市にはJR宇都宮線が通っており、東北本線と上野東京ラインが走っています。
駅は『黒磯駅』『那須塩原駅』『西那須野駅』があり、那須塩原駅には新幹線のJR東北新幹線が停車駅となり「やまびこ」 と「なすの」に乗車することができます。

那須塩原市内を通る幹線道路は、南側の矢板市から北側の那須町に抜ける国道4号線、東側の大田原市から西側の日光市に抜ける国道400号線があります。
また、那須塩原市内からアクセスできる高速道路は東北自動車道が利用でき、西那須野塩原ICと黒磯板室ICがあります。
那須塩原市内で利用できる路線バスは、関東自動車・JRバス関東・大田原市営バスが運行しています。
また、那須塩原市内の主要施設を巡回するコミュニティバス『ゆーバス』と『那須町民バス』が利用できます。

  • 電車で東京都内までアクセスすることも可能です。高速道路のICや国道などが整備されており遠出が便利で、混雑が少ないです。

  • 電車やバスは本数が少なく使いづらいです。車が無いと生活には不便です。

  • 栃木県那須塩原市の家賃・住宅・土地相場はどう?

    東那須野公園からの眺望

    観光地の影響もありやや高めですが、自然環境を享受できる住環境が魅力の街『那須塩原市』

    不動産情報サイトの情報によると、市内にある家賃相場は新築マンションで駅から徒歩10分以内の場合、1DKで6.5万円程度、2LDKで11.6万円程度です。土地の平均坪単価は約7万円/坪程度となっています。
    那須塩原市では、一戸建て住宅やマンション、アパートなど、様々な種類の住宅が存在します。自然に恵まれた地域であり、周辺には山や森林、湖などが広がっています。

  • 自然環境に囲まれた住環境を求める人々にとっては魅力的なエリアです。

  • 観光地としての需要や自然災害のリスクなど、考慮すべき点もあります。

  • Yahoo不動産でマイホームを探す

    栃木県那須塩原市の子育て・教育はどう?

    那須塩原市図書館みるる

    子育て・教育施設は整備されており、自然環境での子育てが魅力な街『那須塩原市』

    那須塩原市内には、保育園が21園、幼稚園が10園、小学校が22校、中学校が10校、高校が4校、短大・大学が1校、専門学校が1校あります。
    こども医療費助成制度』は、通院・入院ともに18歳以下(18歳到達後の3月31日)までの子どもを対象としており、全額補助の対象としています。
    児童手当として、3歳未満15,000円・3歳以上小学校就学前までの第1子、第2子10,000円、第3子以降15,000円・中学生10,000円が支給されます。

    那須塩原市独自の支援制度も充実しています。
    出産・子育て応援ギフト』では、妊娠届出を行った妊婦の方へ5万円、出生した子どもを養育する方へ5万円が交付されます。
    子育て応援券事業』では、子育て世帯を対象に、子育て関連のサービスや商品の購入に利用できる子育て応援券(500円券×30枚=15,000円分)を支給する支援制度です。
    子どもを預かるサービスや一時保育の利用料金に使用できるほか、チャイルドシートなどの「ファミリーサポートセンター」とは、子育てのサポートをして欲しい人と、したい人それぞれが会員となり、助け合いながら子育てをしていく環境を作るための制度です。
    具体的には、保護者が就労や通院などの事情がある場合、保育施設への送迎や預かりなどをしてもらえたりする制度で、比較的低価格の設定で利用しやすいシステムとなっています。
    』「子育てコミュニティ広場」は、小さいこどもがいる世帯が親子で遊べたり、他の親子と交流ができる場として提供しています。保育士資格を持った子育てコンシェルジュが常駐している時間帯もあり、育児の相談などの対応もしており、親子の憩いの場ともなっています。
    子ども食堂』は、市内12ヶ所に設置されており、子どもやその親などを対象に無料または安価で栄養のある食事の提供などを行っています。
    また、子どもの居場所づくりとしても利用されており、子どもの孤食の解決や子どもと大人の交流の場となるなど幅広い役割をもった施設です。

  • 牧場や大きな遊具のある公園など子どもと遊べる場所が多いです。

  • 場所によって街頭が少なく夜道が危ない場合があります。

  • 栃木県那須塩原市のお買い物

    那須ガーデンアウトレット

    特産品や観光施設周辺の商店があり、地元の特産品が手に入る街『那須塩原市』

    那須塩原市内には、郊外型の大規模ショッピングモールをはじめアウトレットモールや道の駅など多彩なお買い物施設があります。
    那須ガーデンアウトレット』は、2008年に開業した比較的新しいショッピング施設で、人気ブランドの衣料品や洋服のアウトレットを取り扱う店舗が集結しており、連日たくさんの利用客が訪れる人気スポットです。
    また、那須高原の近隣という立地を活かし、土産物を販売する「ロコ・マーケット」や、特産品であるブルーベリー商品を購入できる「那須ロイヤルベリーズファーム」、「那須どうぶつ王国」の動物と触れ合える「動物ふれあい広場」などを併設しており観光客からも高い支持を得ています。
    道の駅『明治の森・黒磯』は、地元の農産物を購入する事ができるほか、広い敷地内の芝生広場などをお散歩する事もできます。国の重要文化財である旧青木家那須別邸もあり見学する事ができます。
    道の駅『湯の香しおばら』は、塩原温泉郷エリアにあり、地元の新鮮な野菜や土産品を購入できます。
    また、農村レストランやカフェなどもあり、休日にはキッチンカーが並んだりするイベントを開催しており、観光客も数多く訪れる人気施設となっています。
    そのほか市内には、ヨークベニマル・スーパーオータニなどを中心に約16店舗のスーパーがあります。

  • 大型スーパーや道の駅などが多数ありお買い物には困りません。

  • 観光客が多いため人気施設は休日などを中心に混雑します。

  • 栃木県那須塩原市の仕事・求人はどう?

    観光業やサービス業が中心で、地元の産業や商店も見られる街『那須塩原市』

    那須塩原市の平均年収は309万円です。
    那須塩原市内は、農業が主要産業となっていますが、製造業も盛んな地域となっています。
    農業の分野では、米や野菜に加え酪農も盛んです。
    全国でも有数の酪農地帯が広がっており、生乳の生産が盛んです。市内の農業産出額全体の製造業に関しては、市内に多数の工業団地があり、輸送機械やゴム製品、食料品などの分野の工場が数多く見られます。
    上記の分野に関連する求人に期待できる地域となっています。

  • ホテルや旅館、レストラン、観光施設などの観光業関連の求人が比較的豊富に存在します。特に観光シーズンや休日には需要が高まることがあります。

  • 若年労働者や専門職の不足が問題となる場合があります。そのため、求人数が限られたり、賃金や労働条件が低い場合があるかもしれません。

    • 地域密着!あなたの街の求人・転職情報サイト

      独自の「仕事観検索」で、安定性・自分のペース・職場の環境といったあなたの重視する仕事観から検索ができます。

    栃木県那須塩原市の独自の助成・補助金制度

    栃木県那須塩原市の独自の移住支援制度

    那須塩原市移住支援助成金 新幹線定期券購入補助金 那須塩原市移住サポート助成金 那須塩原市移住応援補助金

    栃木県那須塩原市の独自の住宅助成・住宅補助金制度

    那須塩原市空き家バンク 那須塩原市特定空き家等解体費補助金 空き家バンク登録建物リフォーム補助金 空き家バンク利用契約媒介手数料補助金 空き家バンク利用子育て世帯転居補助金 木造住宅耐震診断費補助・耐震改修費等補助制度 危険ブロック塀等改善事業補助制度 那須塩原市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス等普及促進事業補助金

    栃木県那須塩原市独自の子育て支援制度

    ブックスタート 子育て支援ごみ袋配布について 子育て応援券事業 出産・子育て応援ギフト

    栃木県那須塩原市の独自の進学及び学費助成・補助金制度

    遠距離通学費助成 就学援助費 奨学金制度